鉄道会社による有料老人ホームの経営

通勤や通学客を運ぶだけでなく、彼らの消費を促進する仕組みを作り上げるビジネスがあります。それが鉄道会社が繰り広げている関連事業であり、輸送事業以外の場所でも収益を稼いでいます。

鉄道を利用している人のうち通勤客については、会社を退職すれば通勤利用者というカテゴリーから外れます。


すなわち、定期利用者から非定期利用者に変わるという事態となっていきます。
すると、定期券を購入するということが無くなるため鉄道会社の定期利用者による売上に変化が起こることがあります。
そのような状態において、鉄道会社は有料老人ホームという手段を用いてビジネスをする手法があります。

有料老人ホーム情報について詳しく解説しております。

鉄道路線の沿線沿いなどにおいて、有料老人ホームを建設して利用者を呼び込んで結果的に収益を作り出していきます。



また、かつて定期利用をしていた通勤客の人たちもターゲットにするという考え方をすることができます。
すなわち、輸送サービスの次は介護サービスを提供していくという流れとなるということです。

鉄道会社が有料老人ホームを作り上げることによって、新しいビジネスを行っていくという事態となっていきます。

それによって、別の収益を作り上げていくところを追加するということに直結していきます。

鉄道会社にとって有料老人ホームを設置して経営をするということは、新たなサービスの開発と捉えることができます。

目的別のlivedoorニュース情報サイトをご利用下さい。

それと同時に、高齢者向けのサービスを行うというビジネスを手掛けていくということにもなります。